fc2ブログ
erasmus-experience-firenze-italy-jacek-traveler-091806d50dd33965ee6f8b9ec40f9f96-1440x720.jpg

2022-11

suona meglio o male 響きがいいか悪いか - 2022.09.24 Sat

IMG_2773.jpg

Guardate, sono bella anche di spalle??

ねーねー、バックも綺麗??




Quattro mesi fa in maggio ho ritrovato Paolo a Firenze dopo tantissimissimi anni, l'ex direttore della scuola dove avevo studiato 33 anni fa, e grazie a quella bellissima occasione è riaperto il nostro contatto.
Mi ha fatto molto piacere poter ricominciare lo scambio di messaggi con lui, e potergli anche chiedere quando ho qualche dubbio grammaticale. Lui è sempre disponibile a rispondere a ogni singola domanda, e ricevere spiegazioni e suggerimenti da un fiorentino DOC, da un professore esperto della lingua italiana per stranieri con 40-50 anni di esperienza mi rende molto sicura e incoraggiata.

4ヶ月前の5月に、フィレンツェでパオロに再会できたことがきっかけで、また私たちのメッセージのやり取りが始まりました。
そうそう、私が33年前に留学した学校の校長先生です。
手紙のやり取りがいつの間にか途切れてしまってから何年経つのか分からないけど、こうしてまたやり取りが再開できたのはとっても嬉しいし、文法上の分からないことを質問できるのも本当に有難いです。なんせイタリア語を外国人に教えて40~50年の、この道のプロ中のプロのパオロ。しかも、生粋のフィオレンティーノ。そんな先生に教えを請えるのは心強い限りです。



Gli faccio delle domande su varie cose le cui spiegazioni mi servono per le lezioni, e a volte mi trovo a fare una domanda molto minuziosa chiedendogli se ci sia una certa regola possibilmente precisa (sapendo in effetti che non esiste! )

どうしても自力では答えや説明が導き出せないことを聞いちゃうわけですが、時には、ねーねーパオロ、なんかこうビシッとしたルールはないのかしら?一発で分かるようなヤツ、そーゆーのないの?なんて無理難題言っちゃってる自分に気づく。そんなのあるわけないこと分かってるのに。



E un giorno mi è arrivato il seguente messaggio.
で、ある日、次のようなメッセージが届きました。



Io sono sempre lieto di rispondere ai tuoi quesiti, mi fa piacere aiutarti a comprendere l’essenza della lingua italiana, il suo “spirito”. E poi, detto tra noi, per me è anche un divertimento…

僕はいつだって喜んで君の質問に答えるし、イタリア語の真髄、イタリア語の「魂」(あ、先生、そこまではいいっス )を君が理解する手助けをしたいと思ってるよ。
それにね、ここだけの話、それは僕にとっても楽しみなんだ・・・

Devo però prima di proseguire, fare una premessa: capisco bene che in linea teorica sarebbe bene avere regole certe, chiare e senza eccezioni. Purtroppo questo in italiano spesso non succede, e la ragione fondamentale è semplice: l’italiano, a differenza delle altre grandi lingue neolatine, non ha un’origine nobile, letteraria, diplomatica, politica.

でも、話を進める前に、ひとつ前置きをしておかなくちゃ。
理論的な観点からすると、確実で、明白で、例外のない(文法)ルールがあるのが一番なんだけど、イタリア語においては、多くの場合それは有り得ない(うっ、言い切りました! )。それがなぜなのかは簡単だよ。イタリア語は他のロマンス諸語とは違って、そのルーツが貴族的、文学的、外交的、政治的なものに由来していないからさ。

Pensa allo spagnolo, al portoghese o al francese: lingue che dovevano servire ad amministrare enormi imperi, parlate da governatori, ambasciatori, diplomatici, ammiragli, dalla classe dominante e dal clero. Lingue di gente colta, capace di leggere e scrivere con assoluta proprietà, lingue strutturate, sostenute da un vocabolario chiaro e preciso e da sicure regole grammaticali.

スペイン語、ポルトガル語、あるいはフランス語を考えてごらん。これらの言語は、広大な帝国を統治するのに必要なものだったし、総督や大使、外交官、司令長官などの支配階級層、あるいは聖職者たちによって話されていた言語だった。教養があり、完璧に読み書きができる人々の言語であり、明確さと厳密さ、そして確立された文法規則に裏打ちされた構造をもつ言語というわけだよ。


ZL9IVgbFWrBH1N0doLxn.jpg


L’italiano non ha la stessa origine. In origine si definiva “volgare”, lingua del volgo (latino vulgus, inglese folk, tedesco Volk), cioè del popolo.
L’italiano nasce nei mercati, nei campi, sulle strade, nelle piccole chiese di campagna, nelle botteghe artigiane; viene parlato da fabbri, muratori, falegnami, contadini, pastori, commercianti, ambulanti, prostitute, ladri, criminali, poveri, mendicanti, tutta gente che quasi mai sapeva leggere e non sapeva neppure che cosa fossero le regole grammaticali. Gente che storpiava le parole latine, che aveva in molti casi una pronuncia orribile: ecco perché in italiano si dice “costituzione” “istituto” ed “elettrico”, mentre in tutte le altre lingue europee è rimasta la grafia latina, “Constitutio”, Institutum”, “Electricus”… Può non piacere, ma la lingua italiana è nata così.

イタリア語のルーツはそうじゃない。イタリア語の起源は volgare。ラテン語の vulgus、英語の folk、ドイツの Volk である、volgo の言語、つまりは「庶民の」言葉であった。
イタリア語は、市場や田畑、道端、田舎の小さな教会、職人の工房などで生れた言語で、鍛冶屋とか、左官屋、建具屋、農民、羊飼い、商人、物売り、娼婦、泥棒、犯罪人、貧乏人、薬売りなど、読み書きなどほとんどできず、文法ルールなんて何なのかさえろくに知らなかった人たちから生まれた言葉だった。
そういった人々は、ラテン語を間違った発音で話したり、でたらめな綴りで書いたりして、多くの場合それはひどいものだった。イタリア語の costituzione (組織、憲法)や、istituto (協会、団体、施設)、elettrico (電気の)は(でたらめな綴りの)いい例で、他の全てのヨーロッパ言語では、Consititutio、Institutum、Electricus というラテン語の綴りをきちんと踏襲しているんだよ。なんだそれ?と思うかもしれないけど、イタリア語というのはそうやって生まれたんだ。

Le regole sono state applicate alla lingua parlata nel corso dei secoli, desumendole soprattutto dal latino e dal francese, spesso in modo bizzarro e impreciso.
L’unica vera regola dell’italiano è questa: la fonetica viene sempre al primo posto, perciò in caso di dubbio pronuncia le frasi a voce alta, quella che suona meglio è con grande probabilità quella giusta.

文法ルールは、そんな風に生まれた話し言葉に、時代と共に適用されていった。とりわけラテン語とフランス語の規則が借用されたんだけど、多くの場合ヘンテコで不正確に適用されちゃったんだ。(だ、だからあんなに変なのか! あれも、あれも、あれも・・・)
これだけは間違いない、というイタリア語の唯一のルールは、音韻論が常に一番大事だってこと。だから、迷ったら声に出してみて、suona meglio (より響きが良い、耳にすんなり聞こえる、耳に心地よい)なものが、高い確率で正しいと言えるんだよ。




DPcH_UdVQAAdIOS.jpg

Suona meglio o suona male: questo è il problema

耳に心地よいか心地よくないか、それが問題だ



Grazie Paolo, ora mi sono convinta perché l'italiano è spesso irregolare, pieno di eccezioni con un sacco di "...ma attenzione!", e ho anche capito la ragione per cui sento spesso dire "perché suona meglio" o "perché suona male" quando chiedo come mai va bene A e non va bene B. Sentendo dire così, tendo a pensare che magari questa persona non sa spiegarmelo bene , ma mi sbagliavo. Il fatto è che "come suona" è particolamente importante per gli italiani.

ありがとう、パオロ。なんでイタリア語は不規則が多くて、例外だらけで、「規則はこうです。ただし・・・」とか「でも気をつけて!」みたいな但し書きが多いのかがよーーーく分かったよ。
なんでAはよくて、Bはダメなの?とイタリア人に訊くと、Perché suona meglio / male 「だってその方が響きがいいから」とか「悪いから」とかいう返事が返ってくることが多い理由も、よーーーく分かった。これを聞くたびに、出た!スオーナ・メッリオ!説明できないからそんなこと言ってるんでしょっ! なんてつい思っちゃうけど、そうじゃなかった。耳にどう聞こえるかは、彼らにとっては事程左様に大事なことなのでありました。



● COMMENT ●

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

美的感覚の違い

本当に、イタリア人の美的感覚とい遺伝子は凄いな、と思います。ed io,とか形容詞の語尾を名詞の語尾に合わせるところとか、再帰動詞のsiが二つかさなるとそれをciにしてしまうところとか。確かにun borsa belloというよりuna borsa bellaのほうがリズムがいいかな、と思わず発音してしまいました。以前、網戸はイタリアには無いとイタリア語の先生に言われ、どうしてですか?と尋ねたら、「美しくないから。」と言われました。実際は、網戸あるみたいですね。以前、写真で、とんでもなく高い場所にあるATMとか、トイレットペーパーホルダーとか見たことがありますが、あれも、美的感覚のなせる技なのでしょうか。

>くままさん

なぜなら美しくないから…。😎✨

なんてキメてないで、なにかとヤバいトイレとか、並ぶことを知らず我先に電車に乗ろうとする人々も美しくないからなんとかしようよ。

とツッコミを入れることが美しくない、と言われてしまうのか!
suona meglio/male の基準は、DNA及び細胞レベルの問題だから日本人には分かりましぇーん。


管理者にだけ表示を許可する

第4回イタリア語文法あれこれセミナー «  | BLOG TOP |  » イタリア語文法あれこれセミナー資料販売のお知らせ

Benvenuti ようこそ

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo

お問い合わせはこちらまで

forza_kst@jcom.zaq.ne.jp

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を勉強しませんか?教室の詳細はこちら ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
定期開催オンラインセミナー イタリア語文法のあれこれを解説していきます ↓CLICK↓
イタリア語文法あれこれセミナーの資料をご希望の方はこちら ↓CLICK↓
他動詞と自動詞
前置詞・代名詞・動詞・語彙を強化 ↓CLICK↓
PC031070.jpg
旅行会話と語彙、接続詞を強化 ↓CLICK↓
実践イタリア語、料理用語を強化 ↓CLICK↓
近過去と半過去を強化、100の疑問 ↓CLICK↓
助動詞の強化、芸術のためのイタリア語 ↓CLICK↓
旅行会話 表現と語彙 ↓CLICK↓
冠詞の形と用法を強化 ↓CLICK↓
IMG_1917 (2)
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

著書

Amazon限定販売

《基礎文法》 表紙基礎 《入門・初級》 表紙入門初級 《中級・上級》 表紙 皆さまへのメッセージをお読みいただけます↓ 実用イタリア語検定協会サイト内の「参考書籍」に掲載いただきました

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (162)
allargare vocaboli 語彙を広げる (6)
grammatica 文法 (78)
espressioni 表現 (179)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (5)
proverbi 諺・格言 (10)
ITA in JP 日本の中のイタリア (52)
esame italiano イタリア語検定 (9)
canzoni italiane イタリアの歌 (61)
canzoni giapponesi 日本の歌 (24)
cibo italiano イタリアの食べ物 (13)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (9)
giapponese 日本語 (21)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
Italia 2017 (16)
Italia 2018 (15)
Italia 2022 (25)
ricordi 想い出 (51)
ringraziamento 感謝 (36)
pubblicita` 宣伝 (25)
文法あれこれセミナー (13)
Circolo Massimo (34)
Clubhouse クラブハウス (2)
etc その他 (115)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Instagram

ぱっくんインスタ Circolo Massimoインスタ

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

RSS

ユーザータグ

Circolo_Massimo 日本人講師 プライベートレッスン 世田谷区 チルコロマッシモ 東京 小田急線 イタリア語 教室 小田急線経堂 経堂 #プライベートレッスン #世田谷区 #イタリア語日本人講師 #経堂イタリア語 #チルコロマッシモ #小田急線経堂 #Circolo_Massimo #イタリア語教室 イタリア語教室 

.new {color:red; font-weight:bolder;}