fc2ブログ
erasmus-experience-firenze-italy-jacek-traveler-091806d50dd33965ee6f8b9ec40f9f96-1440x720.jpg

2022-07

第1回 Zoom 文法あれこれセミナー - 2022.07.22 Fri


無題7 


第1回 イタリア語文法あれこれセミナー 参加者募集!


イタリア語に限らず、語学の勉強方法は人によってそれこそ様々で、何が一番効果的なのかを言うことなんてできませんが、大人になってからの語学学習は、特にその言語を母国語としない国で勉強している場合は、その言語の特徴や文法の仕組み、文章構造など、少なくとも基本的な部分だけでもしっかり理解することが大切なのではないかと思います。そうでないと、自分で正しく文を組み立てながら書いたり話したりできませんし、相手が言っていることも理解できません。ブロークンでもいい、通じさえすればいい、ということなら話は別ですが、せっかく勉強しているんだもの、できるだけ正しく使えるようになりたいですよね?

そこで!日頃のレッスンを通して見えてくる、日本人が苦手な文法項目を拾い出し、オンライン形式で参加者の皆さまに解説していくセミナーを、定期的に(たまに不定期 )開催することと致しました!

題して、『イタリア語文法あれこれセミナー』
本日は、その第1回目のお知らせと参加者募集です。


日時:2022年7月22日(金)21:00~ 約60分(日本時間) 

テーマ:他動詞と自動詞の違い

対象者:基本的な動詞の活用が既習の入門~初級者 (それ以上の方も大歓迎!)

解説も、使用する教材も日本語ですが、例文は当然イタリア語です。それぞれの例文の詳しい文法説明はありませんので、これまで全く学習したことがない方は、申し訳ないですが対象外となります。

募集人数:5名様で開催決定、最大15名様まで

参加費:1名様 1,800円

お申込み方法: 

forza_kst@jcom.zaq.ne.jp 宛てに、下記の3点をコピペいただき、ご入力の上、メールにてお申込み下さい。件名 には 『7月22日セミナー申し込み』 とご入力下さい。

① お名前
② メールアドレス(Zoomリンクと、後日お送りする教材の送り先)
③ 電話番号

お申込みが5名様以上になった段階で、先着15名様に、参加決定のお知らせとお振込み先の詳細をご返信致します。
海外にお住まいの方ももちろん歓迎です!日本時間21:00開始でご都合がつく場合はぜひご参加下さい。

参加費お振込み先:みずほ銀行、あるいはPayPal

詳細は個別にお知らせ致します。 

ツール:Zoom

開催日前日にリンクをお送り致しますので、お申込みの際、リンク送付先のメールアドレスを必ずご連絡下さい。


ねこ3

さて、なぜ第1回目のテーマが『他動詞と自動詞の違い』なのか?


それは、イタリア語を勉強していく上で、この2つの区別がめちゃめちゃ大事だからですっ!まずは押さえておきたい重要ポイント!これをあやふやなままにしておくと、これから先あちこちで壁にゴンゴンぶつかって、おでこがコブだらけになること請け合いです。

動詞の勉強が始まって、初級、中級と進むにつれて、実際色々なところでこの両者の違いが問題になってくるんですね。分かっているかどうかが試されるわけです。逆に、分かっていると理解も断然早くなる。だから、早め早めに手を打っておきましょ!
セミナーでは、両者の違いを初め、同じ他動詞でも色々あるパターンを例文を通して解説していきます。動詞を特徴別に分類して理解しておくと、色々な場面で絶対役に立ちますよ!

セミナー終了後、使用した教材を参加者の皆さまにメール添付の形で差し上げます。ご自身の学習に使用する範囲にとどめ、他への転送、営利目的・商用利用は固くお断り致します。

オンラインでのグループレッスン形式は、私も実は初めてなので今からドキドキです。
たくさんの方のご参加をお待ちしております!

尚、この度、Instagram でも "circolo_massimo" のアカウントを立ち上げました。これからセミナーや教室からのお知らせをブログとリンクさせて配信していきますので、フォローのほど何卒よろしくお願い致します!



voglia ヴォッリア - 2022.06.27 Mon

FCA4CCF2-3C5E-4BD4-8E89-C7385DEBAF14.jpg

Fa caldo eh!

暑いね~!




Madonna! Ho trovato di nuovo un'altra parola interessantissima, anzi, praticamente la parola sé stessa la conosco da un secolo, ma uno dei suoi significati era proprio inaspettato per me!

まいったな! またもや「え~っ?!」な単語を見つけてしまいました!あ、いや、単語自体はもう相当昔から知ってるんだけど、いくつかある意味のうちの1つが、なんともまぁ予想外でして。



"Lui ha una voglia di vino sul viso"
彼は、顔にワインの voglia がある



Quando ho visto questa frase, ho immaginato subito un ragazzo così desideroso di bere vino che si riconosce facilmente dal volto.

この文を目にした時、とっさに目に浮かんだのは、見るからにワインを飲みたそうにしている人。
だって、viso 「顔」に vino 「ワイン」の voglia 「願望」をもってるんだもん、絶対そうですよ。それに、avere voglia di~は「~がしたい」だし。まぁ、なんとな~く文の雰囲気に違和感を覚えつつも、ワイン飲みたい気持ちが顔に出ちゃってる人!




ma non lo era.
でも、そうじゃなかった。




La "voglia" in questo caso non era il "desiderio" ma una macchia sulla pelle presente sin dalla nascita, quindi la "voglia di vino" significa una macchia di colore di vino che ha da sempre sulla propria pelle.
Ma come mai si chiama "voglia"??

なんと!voglia はこの場合、「願望」ではなく、子どもの頃から皮膚にある「アザ」のことで、voglia di vino は「ワイン色(赤っぽい)色のアザ」のことだった!
いやまたなんで voglia が「アザ」?!



A quanto ciò che ho trovato su internet, questa deriva dalla credenza popolare associata a un desiderio insoddisfatto della madre durante la gravidanza, ovvero chi ha una macchia sulla pelle di colore vino rosso, sua madre lo voleva tanto bere durante la gravidanza ma non era consentito. (ovvio!)

ネットで調べたところ、これは昔、民間で信じられていた言い伝えが元になっているらしく、妊娠中の母親が無性に食べたかったり、飲みたかったりするものが飲食できないと、つまりは自分の voglia「願望」が満たされないと、生まれる子どもの皮膚にアザが出ると!
だから上記の例の場合は、お母さんはワインが飲みたくて飲みたくてしょうがなかったけど、妊娠中だから飲めず(あたりまえだ)、子どもにボルドーのアザが顔に出ちゃったと。



20121216_259522_20220627232626ea0.pngUhm... non ci posso credere.
Allora per non far avere una "voglia" al proprio bambino, sarebbe meglio che la mamma mangiasse o bevesse quello che desidera?
No, no, questo è piuttosto infattibile.

うーーむ。これはちょっとにわかに信じがたい。
それじゃあ、子どもにアザが出ないようするには、出産前のママは食べたいもんを食べ、飲みたいもんを飲んだ方がいいとでも?
いやいや、そっちの方がまずいでしょ!




passato prossimo ve imperfetto 近過去vs半過去 - 2022.06.20 Mon

IMG_2265.jpg

Oddio!

なんてこった!




A Firenze, il giorno dopo l'incontro con Kumi san che è venuta a trovarmi da Milano, ho raccontato di quella bellissima serata alla professoressa durante la lezione, e le ho anche parlato un po' di lei.

フィレンツェで、わざわざミラノから来てくれたKumiさんと会った翌日、どれだけ楽しかったかをレッスン中に先生に話し、Kumiさんのことも少しお話した時のことです。



"Kumi vive da più di 20 anni in periferia di Milano con suo marito italiano. Ora fa varie attività legate alla lingua italiana per i giapponesi, ma prima lavorava presso la sede di Milano di un'agenzia di viaggi giapponese..."

Kumiさんは、イタリア人のご主人と、もう20年以上ミラノ郊外に住んでいて、今は、イタリア語に関係する色んな活動をしているんですけど、以前は、日本の旅行代理店のミラノ支店で lavorava 働いていたらしく・・・




... dicendo così mi sono ricordata vagamente del periodo in cui lavorava in quell'agenzia, e ho aggiunto:
こう話しながら、彼女がそこにお勤めしていた期間をなんとなく思い出したので、ふと付け加えました。



"... per alcuni anni."
・・・何年間か。




referee_redcard.png


Immediatamente la professoressa mi ha dato un cartellino rosso!

とその瞬間、先生からレッドカードを喰らいました!





"Hai cominciato la frase con l'imperfetto 'lavorava' e finito con 'per alcuni anni' che è un periodo preciso, che ha una fine, quindi dovresti usare il passato prossimo."

あなた、半過去の lavorava 「働いていた」からスタートして、最後は per alcuni anni 「何年間か」で終わったわね?alcuni anni って、終わりが分かっている、ある一定の決まった期間を表す言葉だから、半過去じゃなくて近過去を使わないとね。





o020002001352027225551_20220620102958204.gifEhhhhh!!!?
Ma certo, so benissimo che va usato il passato prossimo con "per due giorni", "per qualche anno", "tutto il giorno" e così via, ma ci capita a volte di ricordarci il periodo d'attività o della situazione sottoposta proprio mentre parliamo e di aggiungerlo alla fine della frase, no?
In quel caso allora come devo dire?

ええええーっ!そんな殺生なーっ!
ハイ、分かってますとも。「2日間」とか「数年間」とか「一日中」とか、明確な期間を表す言葉が入る場合は近過去を使うべしと。「その当時は」とか「2年前は」とか、どこからどこまでかが分からない時に使う半過去とは違うのだと。
でもそんなこと言ったって、それをやっていた期間や、その状況に置かれていた期間を、話している最中に思い出して、話の流れで「あ、そうそう、数年間ね」と付け加えることってありますよね?ねーねーありますよね?!
半過去でスタートして、そんな風になった場合、じゃあどうしろと?



"In quel caso potresti dire ad esempio 'Lavorava in un'agenzia di viaggi... in realtà per alcuni anni', oppure dire di nuovo con il passato prossimo 'Lavorava in un'agenzia di viaggi... ha lavorato per alcuni anni', ma dipende dal caso ovviamente."

そういう場合は、Lavorava in un'agenzia di viaggi 「旅行代理店で働いていた」の後に、in realtà 「実際には」などを挟んで、in realtà per alcuni anni 「実際は数年間」みたいに言うか、Lavorava in un'agenzia di viaggi... ha lavorato per alcuni anni 「旅行代理店で働いていた・・・数年間、働いた」と近過去で言い直すのがいいわね。もちろんケースバイケースだけど。




Non credo di poter improvvisare così mentre parlo...
Ma comunque ho capito bene il fatto che è inaccettabile per madrelingua sentire l'imperfetto con un'espressione che indica un certo periodo specifico.

しゃべってる最中に、こんなアドリブをチャッと利かせられるとはとても思えない・・・
自分の力量はさておき、明確な期間を表す言葉+半過去の組み合わせは、ネイティブの耳には受け入れ難く、レッドカード一発退場なのだな、ということだけはよーーく分かりました!



incinta 妊娠した - 2022.06.11 Sat

IMG_2246.jpg

Scherzi a parte

冗談はさておき



Il mio caro amico Luigi, che avete conosciuto anche voi in questa pagina, l'ho trovato abbastanza ingrassato quando l'ho visto dopo 4 anni,

友人のルイージ。そうそう、あの時の彼ですが、4年ぶりに彼を見た時、オヨヨ、ずいぶん太ったねぇ~と思ったもので、


e gli ho detto:
思わず言いました。


"Luigi! Hai un bel pancione! "
ルイージ!ずいぶんお腹が立派になっちゃって! "


e lui ha detto:
すると、彼が言いました。


"Sì, sono incinto! Ahahaha! "
うん、sono incinto 妊娠しちゃった!あははは! "



e.png


incintO



Non mi sono lasciata sfuggire quella parola meno familiare all'orecchio!
"essere incinta" è uno stato di gravidanza che possono vivere solo le donne, naturalmente, quindi non avevo mai pensato che si può dire "incinto" al maschile anche se in modo scherzoso!

その聞き慣れない単語を、ワタクシ、聞き逃しませんでしたよ!
incinta は「妊娠した」という形容詞で、essere incinta で「妊娠している」。妊娠できるのは女性だけなので、当然、形容詞の語尾も女性形の -a しかないわけですよ。辞書にも「女のみ」と書いてある。
それを、いくら冗談にせよ、すかさず Sono incinto 「僕、妊娠してるんだ」と語尾を男性形の -o にしちゃうあたりが、機転が利くというか、応用力があるというか、イタリア人の(ルイージの?)ハイクオリティなアドリブに感心してしまったのでした。



Ho continuato a dirgli:
incinto に気を取られながら彼に言いました。


"Magari gemelli?"
双子とか?


E lui ha risposto:
彼の答えは、


"Forse tre gemelli."
三つ子かも


e.png


tre gemelli



Come avevo scritto qui nel passato, la parola "gemelli" mi fa pensare quasi all'istante a una "coppia" di bambini, cioè due bambini, che sono nati da un medesimo parto, ma ora so che un "gemello" è uno che ha due o più fratelli in uno stesso parto, quindi quando ho sentito dire Luigi "Forse tre gemelli" sono riuscita a immaginare tre bimbi con la stessa faccia che dormono nel suo pancione.

以前、こちらに書いたように、gemelli という単語を聞くと、どうしてもとっさに「双子」を思い浮かべてしまいます。いや、双子で合ってるんだけど、同じ顔した「2人」、一回の出産で生れる「2人」と思ってしまうわけです。「ふたご」の「ふた」が「ふたり」を想像させてしまうのかもしれない。
でも、gemello はそうじゃないって今は分かってるから、Forse tre gemelli 「三つ子かも」と聞いても、ルイージのデバラの中で眠る、同じ顔した3人の赤ん坊をちゃんと想像することができました!


Luigi, fammi sapere quando li avrai partoriti!
ルイージ、生まれたら教えてね!





riflessione 振り返り - 2022.06.05 Sun

259472B0-A0AD-48E1-9AE0-06214353A496 (2)

Ma dov'eri finita??

どこ行ってたの??




Tornata in Giappone ho dovuto lottare contro un forte jet-lag per alcuni giorni, proprio come se fossi trascinata dal sonno di diavolo puntualmente a mezzogiorno - ovvero all'alba in Italia - ma mi sa che pian piano mi sta passando via.
Ma non sentire più il jet-lag può anche significare che un pezzettino d'Italia rimasto ancora un po' dentro di me è completamente finito, e questo mi rende in un certo senso triste.

帰国してから数日間、かなり厳しい時差ボケに見舞われておりました。判で押したように正午になると、つまりはイタリアの明け方の時刻になると、眠気の悪魔=睡魔に後ろ髪を引っつかまれ、グワッと後ろに引きずられるような恐ろしい眠気に襲われ、パソコン見てても白目向いてフリーズ、スマホいじってても口開けたままフリーズ、みたいな状況が続いて、いや今回はスゴイな、とおののいていました。が、どうやらそれも過ぎ去ろうとしています。
でも、時差ボケが治るということは、まだ身体に残っていたイタリアの欠片が完全に消えちゃうことを意味するので、それはそれで寂しい。



Ma è ora di riprendere il ritmo della vita quotidiana.
L'obbiettivo numero uno di questo viaggio era di migliorare il mio italiano, ma anche di comunicare le mie esperienze ai lettori e ai miei studenti, e fargli sapere le situazioni attuali in Italia fornendogli varie informazioni vive. E quindi oggi provo a scrivere a caso quelli che mi vengono in mente che trovo importanti per chi sta pensando di viaggiare in Italia.

でも、いつまでもボケているわけにもいかないので、この辺でエンジンかけます!
今回の渡伊の第一の目的は、自分のイタリア語を少しでも磨くことでしたが、もう一つは、思い切って出かけた経験談と、今日現在のイタリア(主にフィレンツェ)の様子を皆さまにお伝えしたい、ということでした。5月13日~31日のわずか2週間の滞在でエラそうなことは言えませんが、イタリア旅行を密かに考えていらっしゃる方々の参考に少しでもなればいいな、と思います。



往復の空港でのコロナ関連

【羽田空港】チェックイン時にワクチン3回接種証明書の提示を求められ、スマホ内のデータを見せる
【イスタンブール空港】ノーチェックで乗り継ぎ便へ
【ローマ空港】全くのノーチェックでピョンと入国完了 (思わず心の中で、「マジすか?」と言ってしまったぐらい)

【ローマ空港】ワクチン3回接種証明書と、帰国便出発72時間前実施のPCR検査陰性証明書の提示を求められ、紙の証明書を見せる(ターキッシュエアーのチェックインカウンター激混み!)
【イスタンブール空港】72時間前PCR検査の陰性証明書の提示を求められ、紙の英語版を見せる
【羽田空港】ファストトラック提示+唾液検査

各証明書はスマホにデータが入ってるから、それを提示するのがスマートなのかもしれないけど、海外のカウンターでは、複数のページをその都度スマホであれこれ出すよりも、紙の証明書を一気にポンと見せた方が、相手にとって分かりやすいし、早い気がしました。どんな内容にしろ、必要書類はスマホと紙の両方を持っている方が何かと安心です。


これからの渡航

6月1日より、イタリア入国の際のワクチン接種証明や治癒証明の提示も正式に廃止になったので(5月14日時点すでにノーチェックだったけどね )イタリアに入るにあたって、もう何も心配ありません!日本帰国時の、空港での唾液検査も6月1日から廃止になったし。
今日現在残っている、イタリア旅行を躊躇させる要因は、帰国便出発72時間前のPCR検査のみ!くぅーっ!これさえなくなれば、コロナ前と同じになるのにな!


マスク事情

観光客も住民も98%ノーマスク、という印象。つけているのは年配者と、私のような外国人ぐらい。レストランやバールでも皆無。スーパーでは、つけてる人がちらほらいました。
スーパー Conadの入り口には、コロナ対策の除菌スプレーが設置してあったのに、5月下旬にはいつの間にか撤去されてた。
2週間の滞在で、コロナを意識させられたのは、市内バス、観光バス、電車、飛行機に乗った時のみ。車内、機内のマスク着用は今でも義務で、FFP2マスクをするよう、放送が流れます。
あ、そうそう、イタリア国内のマスクはFFP2が指定されているから、ターキッシュエアーでローマに着く少し前、各自にFFP2マスクが配られました。

滞在中、あまりの人の多さに、マスクをしないのはさすがに恐怖心があったので、誰もしてなくても装着してましたが、とにかく暑いし、感覚が鈍くなっていって、最終的にはほとんどしてなかったかなぁ。慣れとは恐ろしいもので、家を出る時からマスク!という感覚は日を追うごとに薄れていきました。(だから、日本に帰ってきて、まだ全員がしていることに衝撃!)

学校では、クラスに入ると先生に、マスクはしていてもいいし、外してもいいし、自分で決めていい、と言われました。私はしているつもりでいたんだけど、先生もクラスメートも誰もしてないんだもん。大きな窓も全開だし、ま、いっか、ポイッ!となりました。

とにかくね、コロナの話をしてる人なんてもう誰もいないんですよ。完全に、with インフルエンザ化したことにしたコロナ、という具合。少なくとも、そう見えます。


除菌事情

飲食店やバールには、消毒液やジェルは設置してなかったなぁ。少なくとも気がつかなかった。書店やデパートには入り口にたまにありました。
なので、マイ消毒ジェルを持ち歩いて、一日に何度もスリスリしてました。


気温

5月後半の日中は猛烈に暑かった!
朝10時くらいまではカーディガンが欲しいわ、ぐらいなのに、そこから気温が急上昇!34度、35度は当たり前で、照り付ける日差しは日本に比べてかなり暴力的です。日陰に入ると涼しいんですけどねぇ。Tシャツにピラピラスカート&サンダルで充分です。(あくまでも超暑がりの私の個人的見解)


学校の授業

授業は月~金で、9:00~10:50文法、11:10~13:00会話。後半の1週間は、会話クラスをやめて、プライベートレッスンに切り替えました。学校はできる限り要望に応じてくれましたが、なんせまだ学生の数が少ないので、レベルに合わせたきめ細かなクラス分けなどはできないようで、文法のクラスも、各自のレベルはかなりバラバラでした。

午後は、美術館訪問や周辺都市への遠足、演奏会、食事会などのアクティビティが週に何度かあります(遠足は土曜日開催)。自由参加。ただ、今は開催は不定期。

学校の先生曰く、コロナ前には年間1500人、つまりは月に125人ほどいた生徒が、5月時点で40人ほどしかいなくて、日本人や中国人はほぼ皆無。それでも、徐々に戻りつつあったところにウクライナ問題で、今度はロシア人が皆無になって、学校としては大打撃。先日は、50人のカナダ人から申し込みがあったのに、そのうち48人からキャンセルが来たとのことで、原因はコロナではなく、戦争。カナダから見れば、イタリアとウクライナはとても近いので、どういう影響が今後出るか分からない、という懸念からだとか。
イタリア語を学びにやって来る海外からの学生がゼロになったコロナショックをやっとの思いで乗り越えた直後に、今度は戦争による余波。外国人を相手の語学学校としては、本当に泣きたい気分だと思います。
Questa non ci voleva... 「これは余計だった・・・」

私が通ったMichelangelo校の校長先生とは、留学を決めた方に特典をご利用いただけるよう、提携を結んできましたよ!
詳しくはまた後日発表致しますので、お楽しみに!


物価の印象

バールの飲み物も食べ物も、昔と比べて高くなったなぁ、と思いました。もちろん店によって色々だろうけど、エスプレッソも1ユーロじゃ飲めなくなりましたもん。

エスプレッソ 1.2~1.4ユーロ
カップチーノ 1.3~1.5ユーロ
カフェマッキアート&ミニケーキ 2.6~3ユーロ
パニーノ 3~3.5ユーロ
ジェラート 3~4ユーロ

ぐらいの印象でしょうか。
為替も1ユーロ135~140円みたいなとんでもないことになってるから、カード払いした物の支払い明細が来るのが怖いよー!



5739816e06988446bd85d684d374f179.jpg

Nooooooo!!!!!!


結論。
もうイタリアはいつ行っても大丈夫! 全然平気! 出発前はあれこれ考えちゃうけど、行ってしまえば以前と全く変わりないです。
ただ、72時間前の検査で、日本の厚生労働省指定のフォームに記入、サインしてくれる医療施設は、どの街にもあるとは思えず、恐らくは、大都市のミラノ、ローマ、フィレンツェなど限られた場所なのだと思うので、小さな町や田舎に行こうと思うと、帰国時の準備は念には念を入れてする必要があるでしょう。検査と結果受け取りに、念のため2日間は見ておいた方がいいと思うので、帰国便を月曜日にしないとか(日曜日は医療機関はたいてい休みだろうから)、旅の最後は大都市をもってくるとか、その辺りが神経使うところですね。
まぁ、でも日本政府の方針も日々変わるでしょうから、数ヶ月後にはもっと好転してるかも。
最新の情報をチェックしながら、皆さんもぜひ行ってきて下さいね
(早く戦争終われっ!)



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Benvenuti ようこそ

Profilo プロフィール

Showcian

Author:Showcian
Profilo

お問い合わせはこちらまで

forza_kst@jcom.zaq.ne.jp

CircoloMassimoイタリア語教室

ご一緒に楽しくイタリア語を勉強しませんか?教室の詳細はこちら ↓CLICK↓
IMG_64431_2015100522064177c.jpg
前置詞・代名詞・動詞・語彙を強化 ↓CLICK↓
PC031070.jpg
旅行会話と語彙、接続詞を強化 ↓CLICK↓
実践イタリア語、料理用語を強化 ↓CLICK↓
近過去と半過去を強化、100の疑問 ↓CLICK↓
助動詞の強化、芸術のためのイタリア語 ↓CLICK↓
旅行会話 表現と語彙 ↓CLICK↓
冠詞の形と用法を強化 ↓CLICK↓
IMG_1917 (2)
文法テーマ別グループレッスン ↓CLICK↓

著書

Amazon限定販売

《基礎文法》 《入門・初級》 表紙powerpoint-1 《中級・上級》 中級・上級 皆さまへのメッセージをお読みいただけます↓ 実用イタリア語検定協会サイト内の「参考書籍」に掲載いただきました

イタリア語講師をやっています

Skypeレッスン ビジネスパーソン対象の講師 ビジネスパーソン対象の講師 tclc.png

Commenti コメント

Categorie カテゴリー

vocaboli 単語 (160)
allargare vocaboli 語彙を広げる (6)
grammatica 文法 (74)
espressioni 表現 (174)
pre/suffisso 接頭・接尾辞 (5)
proverbi 諺・格言 (10)
ITA in JP 日本の中のイタリア (52)
esame italiano イタリア語検定 (8)
canzoni italiane イタリアの歌 (61)
canzoni giapponesi 日本の歌 (24)
cibo italiano イタリアの食べ物 (12)
cibo giapponese 日本の食べ物 (11)
film 映画 (9)
giapponese 日本語 (21)
Italia 2013 (26)
Italia 2015 (15)
Italia 2016 (9)
Italia 2017 (16)
Italia 2018 (15)
Italia 2022 (25)
ricordi 想い出 (51)
ringraziamento 感謝 (36)
pubblicita` 宣伝 (25)
Circolo Massimo (33)
Clubhouse クラブハウス (2)
etc その他 (111)

Articoli recenti 最近の記事

articoli passati 全記事

全ての記事を表示する

Blog Ranking

どうかひとつ! Un clic, grazie!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

Gekkan

Pieno di informazioni sull'Italia!! イタリア情報満載!!

Instagram

ぱっくんインスタ

Pubblicita` 宣伝

Questo blog e` andato in onda radiofonica italiana ブログがイタリアのラジオで紹介されました 無題rbn1 Contattatemi chi e` interessato al mio libro! 本を書きました。興味のある方はご連絡下さいね!

Archivio アーカイブ

vecchio blog 旧ブログ

'09.8-'10.8のブログはこちら

お気に入りサイト&ブログ

このブログをリンクに追加する

RSS

ユーザータグ

Circolo_Massimo 日本人講師 プライベートレッスン 世田谷区 チルコロマッシモ 東京 小田急線 イタリア語 教室 小田急線経堂 経堂 #プライベートレッスン #世田谷区 #イタリア語日本人講師 #経堂イタリア語 #チルコロマッシモ #小田急線経堂 #Circolo_Massimo #イタリア語教室 イタリア語教室 

.new {color:red; font-weight:bolder;}